白の最高をまとう!純白主義のウエディング


純白の花ウエディングを

ウエディングシーンを自分らしくという思いをかなえてくれる時代だからこそ、注目したいのがスタンダードスタイルです。スタイル、カラー、格式などいろいろなスタンダードがありますが、あえて純白にこだわるというのもいいでしょう。白は花嫁を一番美しく輝かせてくれる色であり、シンプルでいて無限の広がりをみせてくれますよ。特に花の白は生命のもつ白の中でも、もっとも魅力的な色といえるでしょう。純白な花たちが織り成す世界は幸せの一瞬をあまりにも美しく彩ってくれることでしょう。

弾む幸せをかたちにして

花の白、ドレスの白、花飾りの白、まだ気づいていない白に秘められた可能性を純白主義の結婚式では感じることができるでしょう。真っ白なウエディングドレスに白いブーケ、そして、白い花飾り、白だからこそできる個性的で大胆なコーディネイートにするといいですよ。大好きなコットンのワンピースに花をちりばめて、自分だけのウエディングドレスにしてみましょう。強めに糊をきかせたコットンは自由に形を作ることができるので、裾をちょっとおりあげて活動的なミニワンピ風に仕上げてもかわいいですよ。マーガレットやスプレーマムを使ったボールのようなブーケがよくあうでしょう。

ふんわりと幸せ色をまとって

シルクシフォンの軽やかな素材感、透けそうで透けない微妙な美しさを持つドレスには、大輪のボタンを大胆にあわせてみましょう。アクセントにトルコギキョウを使うといいですよ。花びらの透明感がドレスとかさなって、さらに繊細でソフトな空気がうまれるでしょう。咲き誇る瞬間をシンプルにまとめただけのブーケが喜びを何倍にもしてくれますよ。思い切り長く引いたロングベールにすれば、全体をふんわりと幸せ色に包み込んでくれるでしょう。

厳かな結婚式を望むなら鶴岡八幡宮で結婚式がおすすめです。西洋風では味わうことができない和の厳かな雰囲気の中での式は魅力です。

関連サイト
鎌倉の結婚式とは