結婚式で節約するべき所は?節約しながらゲストをおもてなししたい!


節約の基本を抑えよう

結婚式場に見積りを頼むと、あまりにも高くて現実とのギャップにがっかりすることがあると思います。費用を節約したくても、ゲストからケチな夫婦のレッテルを貼られてしまうのでは、と不安になって節約に踏み出せない方もいるのではないでしょうか。今回は、ゲストにバレない節約術を紹介したいと思います。大事なのは、ゲストのことを一番大事に考えることです。おもてなしの心を忘れずにいましょう。自分たちにかかる費用は、いくらでも抑えられるということを覚えていて下さい。

ドレスはあまり印象に残らない

結婚式の主役といったら新婦、特に憧れのウエディングドレスにはいくらお金をかけても構わない、という方がたまに見受けられます。結婚式の主役は、もちろん新郎新婦に違いないのですが、一番の主役はゲストなのです。今までお世話になったゲストに感謝の気持ちを表す場所が結婚式なので、ゲストが楽しむお食事、引き出物といったものを節約することはやめましょう。節約しても、すぐにバレてしまいます。しかし、自分たちが着る衣装は、高いのか安いのか、パッと見るくらいではバレません。今ではネットで安くドレスを購入することができ、そういうものを利用すると何十万もの節約につながります。

手間はかかるけれど、外注を利用する

結婚式の打ち合わせの際、式場が案内した提携先の業者を選びがちですが、自分たちで業者を見つけ、そこに手配することで費用を安くすることができます。会場に飾るお花やブーケ、招待状などのペーパーアイテム、カメラマンや写真撮影も、外部に発注することが可能な場合があります。提携先の業者は式場のマージンがのっており、費用が高くなっていることがほとんどです。自分たちで発注して節約したからといって、ゲストにバレるわけではありません。手間はかかりますが、その分結婚式の思い出も深くなるでしょう。

結婚式を安くする方法は様々で結婚式場により色々なプランが用意されているため上手く利用すればお安く挙げる事が出来ます。